メルセデスベンツ CLA180におすすめ!ブリヂストンのポテンザ(POTENZA)S001 MOを装着しました[225/40R18]

メルセデスベンツ CLA180 タイヤ交換

メルセデスベンツのCLA180にブリヂストンのポテンザS001 MOを装着しました。

タイヤサイズは225/40R18です。

タイヤ ブリヂストン ポテンザ

世界的なシェアを誇る日本のメーカーブリヂストンから展開されている「ポテンザ」ブランドは、スポーツドライブ向けタイヤとも言えます。強烈なグリップが印象強いタイヤが多く、サーキットでのポテンシャルも非常に優れています。

中でもS001は世界的パフォーマンスかーに認められたプレミアムスポーツタイヤです。

もちろんグリップだけでなく、優れた乗り心地であることも大きな特徴。

タイヤの発熱を抑える「新サイド補強ゴム」も採用しており、タイヤに負荷がかかった際にタイヤの発熱を抑える働きがあります。

また、トレッドパターンはINとOUT側で2タイプの異なるものを採用しているため、ドライ路面とウエット路面両方で高いグリップを発揮します。

スポーツタイヤであるものの、日常生活で運転をする上でも問題ありません。

ちなみに今回装着するS001はMOという刻印が付けられています。「MO」の刻印は、ベンツ承認タイヤです。

ポテンザ ブリヂストン 承認タイヤ

承認タイヤとは、そのメーカーと共同で開発されたタイヤですので、メーカーの車が持っているポテンシャルを最大限に発揮できるタイヤとも考えられます。

今回ご来店いただいたお客様は、承認タイヤをご希望でした。高い乗り心地が持ち味のメルセデスベンツCLA180にぴったりのポテンザS001 MOをご提案させていただきました。

こちらの記事では、承認タイヤについて詳しくご紹介されています。

[選び方]自動車の承認タイヤ、マーク付きありとなしの違い[比較]

こちらのお車、交換前に装着されていたタイヤはランフラットタイヤでした。

ランフラットタイヤとは、パンクして空気が抜けてしまっても、剛性のあるサイドウォールがたわむことで一定距離を走行することができます。

一般的なタイヤであれば、パンクをすると一気に潰れてしまい、そのまま走り続けるとホイールを傷つけてしまいます。

ランフラットタイヤであれば、万が一タイヤがパンクしても安全地帯まで走行できるため非常に安心。

ただし乗り心地が多少固めに感じることがありますので今回のように非ランフラットをお選びいただくのも選択肢のひとつですね。

ランフラットタイヤについてはこちらの記事でも詳しくご紹介しています。

[メリット・デメリット]ランフラットタイヤとは[パンク修理・交換時の注意点]

 

ベンツCLA180のフロント周りは非常に特徴的な見た目をしています。

AMGの刻印が付いたホイールも非常にカッコいいですね!新品タイヤの装着で、引き締まった印象に変わりました。

すべての作業が完了しました。

メルセデスベンツ CLA180 タイヤ交換

ポテンザS001 MOの装着によりグリップ力が向上しましたので、さらに安定感も向上しています。乗り心地も非常に向上しているため、快適なドライブをすることもできるでしょう。

ご来店ありがとうございました。またのご利用お待ちしております!