タグ別アーカイブ : デメリット

アイスガード6、アイスガード5プラス比較

2017年9月1日よりヨコハマタイヤのスタッドレスタイヤ「iceGUARD(アイスガード)」シリーズに新たな商品が加わりました。

その名も「iceGUARD6(アイスガード6)」です。

 

横浜ゴムによるキーコンセプトは「冬の怪物、登場。」

ヨコハマタイヤスタッドレス史上最高性能であることを打ち出しています。

 

アイスガード6メインキャッチ

 

 

一つ前のモデルiceGUARD 5 PLUS(アイスガード5プラス)の発売から約2年、アイスガードはどのように進化したのでしょうか。

今回はこの2つのタイヤを比較しています。

「[比較]iceGUARD6(アイスガード6)とiceGUARD 5 PLUS(アイスガード5プラス)の違い」 の続きを読む>>
ランフラットタイヤ

輸入車をはじめ様々な車に装着されている「ランフラットタイヤ」

今回はそのランフラットタイヤについて、ノーマルタイヤとの違いやメリット・デメリットなど詳しく記事にしています。

 

「[メリット・デメリット]ランフラットタイヤとは[パンク修理・交換時の注意点]」 の続きを読む>>
承認マーク タイヤ 違い

タイヤには自動車メーカーの承認マークが「あり」のものと「なし」のものがあります。

今回はそんなメーカーの承認マークについて詳しく記事にしています。

「[選び方]自動車の承認タイヤ、マーク付きありとなしの違い[比較]」 の続きを読む>>
オールシーズンタイヤ 比較 評判 性能

今回は近年注目度が高まっているオールシーズンタイヤについて様々な角度からみていきましょう。

 

 

オールシーズンタイヤタイヤとは何?

オールシーズンタイヤとは読んで字のごとく、どんな季節でも走行可能なタイヤです。

夏の晴れの日はもちろん、雨の日も、冬のちょっとした雪の日も安心してドライブができます。

 

ドライバーにとってオールシーズンタイヤの性能で特に気になるのが雪の日の走行かと思います。

雪の状態にもよりますがオールシーズンタイヤでは雪が積もった道の上でも走行することができます。

浅雪や圧雪路、シャーベット状の雪であれば問題ありません。(運転の際は細心の注意を払って走行してください。)

 

ただしスタッドレスタイヤとは違い、アイスバーンのように凍結した道は走行できません。

過酷な積雪や凍結がある地域にお住まいの場合はスタッドレスタイヤを装着したほうがより安心して走ることができるといえます。

「[メリット・デメリット]オールシーズンタイヤの性能比較」 の続きを読む>>
春や夏にスタッドレスタイヤを履くとどうなるか

あたたかくなってくるとスタッドレスタイヤをノーマルタイヤ(夏タイヤ)にいつ戻そうか悩ましい時期になります。

 

交換するのも面倒くさいし、お金もかかるし。。。と躊躇しがちなものです。

 

では、スタッドレスタイヤをそのまま春以降も履き続けた場合どうなるのでしょうか。

詳しくご紹介していきます。

 

「[履き替え]スタッドレスタイヤを春や夏も履いたままだとどうなるの?[デメリット]」 の続きを読む>>