[オススメはこれ!]ミニバン向けタイヤ比較・選び方

ミニバンタイヤ

ここ数年、ミニバンの販売台数が伸びています。

ファミリーなどの大人数で出かけたり、レジャーに使うにはとても便利ですよね。

ノア、ヴォクシー、エスクァイア、アルファード、ベルファイア、ステップワゴン、オデッセイ、セレナ、エルグランドなど多くの人気車種が発売されています。

そのミニバンですが、タイヤは車に合わせて選んでいますでしょうか。

 

車はそれぞれ個性があります。

当然その個性にあったタイヤ選びというのはとても重要です。

 

最近ではタイヤにも車種別専用設計のものが増えてきています。

特にミニバン専用のタイヤというのはここ数年、各メーカーが力を入れて開発している商品であると言ってよいでしょう。

 

 

今回はそんなミニバン向けのタイヤの比較をしてみます

比較するタイヤは以下です

 

ブリヂストン

ECOPIA EX20 RV エコピア イーエックス ニーマルアールブイ

 

ヨコハマタイヤ

BluEarth RV-02 ブルーアース アールブイゼロツー

 

トーヨータイヤ

TRANPATH mpZ トランパス エムピーゼット

 

ダンロップ

ENASAVE RV504 エナセーブアールブイゴーマルヨン

 

まずおさえておきたいのは、ミニバンの特徴がどのようなものかということ

ミニバンはセダンやコンパクトカーと比べ、大きくて車高が高い車です。

そのため、下記のような特徴があります。

 

  • 車の重心が高いためカーブの際にふらつきやすい
  • 横に大きく振れるためタイヤの外側が減りやすい(偏摩耗)
  • 車重があるため、制動(ブレーキ)時に気を遣う
  • 人数が多く乗るため、走行音が静かな方が車内で会話しやすい
  • 燃費がわるくなりがち

 

これらを念頭におくと、より自分の好みにあったタイヤを選択できるはずです。

ではそれぞれどのような特徴があるか見てみましょう

 

ブリヂストン
ECOPIA EX20 RV エコピア イーエックス ニーマルアールブイ

ex20rv

ブリヂストンのエコタイヤシリーズである「エコピア」のブランド名がついたタイヤです。

このエコピアシリーズはすべて低燃費ラベリングマークで示される低燃費タイヤに該当します。

 

そのなかでもEX20は雨に強いというのを前面に押し出した商品です。

同社の試験では前モデルにあたるEX10と比べてウェットブレーキ比較では10%の短縮に成功しているようです。

また、ミニバン専用設計として偏摩耗を抑制し、定員乗車時のふらつきをおさえる設計になっています。

 

低燃費ラベリング制度の評価としては

転がり抵抗係数はA

ウェットグリップはb

となっています。

 

雨に強いとして発売されている商品ではありますがウェットグリップは上から二番目というのは少々気になるところでしょうか。

なお、発売サイズは16サイズです。

 

ブリヂストンではこの他にも静粛性に特化したミニバン専用タイヤであえるREGNO GRVⅡ(レグノ ジーアールブイ ツー)も用意されています。

車内の静かさを第一に考えるのであれば選択肢のひとつとなるでしょう。

 

ヨコハマタイヤ
BluEarth RV-02 ブルーアース アールブイゼロツー

rv02

ヨコハマタイヤの低燃費タイヤシリーズである「BluEarth(ブルーアース)」シリーズのタイヤです。

こちらも低燃費ラベリング制度で低燃費タイヤとして認められています。

 

キャッチフレーズは「あなたのミニバンに最高のウェットグレード「a」を。」

このキャッチフレーズ通り低燃費ラベリング制度の評価ではウェットグリップはaを得ています。

また、転がり抵抗係数はAとなっています。

 

このウェットグレードの点では一歩ブリヂストンのEX20RVをリードする形となっています。

 

この商品が特徴的な点は、同時に静粛性にも言及しているところでしょう。

 

運転席だけではなく、三列目での会話も快適であるとメーカーカタログにも明記されています。

また、その他に偏摩耗を抑制するパターンも採用しています。

 

発売されているサイズは18サイズ。

その他のサイズは前モデルのRV-01から切り替わっていないものもあるようです。

今後順次切り替えが実施されるようです。

 

トーヨータイヤ
TRANPATH mpZ トランパス エムピーゼット

mpz

業界の先駆けとして1995年にミニバン専用タイヤを発売して以来、6代目となるのがこのトランパスmpZ。

広告のイメージなどを見ると「ファミリー向け」「家族で安心」といった点をより打ち出しています。

低燃費ラベリング制度の評価としては

 

30サイズが

転がり抵抗係数はA

ウェットグリップはb

 

10サイズは

転がり抵抗係数はA

ウェットグリップはc

 

となっています。

ミニバン独特のふらつきを抑える設計や、摩耗を抑える技術も使われています。

 

商品としては多少インパクトに欠ける面もありますが、トーヨータイヤはミニバン専用タイヤを長年培ってきたノウハウをふんだんに活かして開発しています。

その安心感も購入時には検討材料のひとつになるでしょう。

 

また、このトランパスシリーズにはmpZだけでなく、軽自動車の車高が高い車向けであるTRANPATH LuK(トランパス エルユーケー)やラグジュアリーミニバン向けであるTRANPATH LuⅡといった細分化されたラインナップがあります。

自分の車に合わせて選択肢が多いのも良い点ですね。

 

ダンロップ
エナセーブ RV504 エナセーブアールブイゴーマルヨン

rv504

ダンロップの低燃費タイヤであるエナセーブシリーズのミニバン専用タイヤ。

前モデルのRV503に比べて燃費性能がより向上しているというのが最大のウリです。

今回比較のタイヤの中では唯一、低燃費ラベリング制度で転がり抵抗性能の評価がAAを獲得しています。

 

37サイズ

転がり抵抗係数はAA

ウェットグリップはb

 

5サイズ

転がり抵抗係数はAA

ウェットグリップはc

 

発売サイズが多いのも強みの一つと言えます。

また、他社同様に耐摩耗性性能やふらつきを抑制する性能が高くなるよう開発されています。

 

 

比較表

商品名ECOPIA EX20RVBluEarth RV-02TRANPATH mpZENASAVE RV504
メーカーブリヂストンヨコハマタイヤトーヨータイヤダンロップ
転がり抵抗係数AAAAA
ウェットグリップ性能bab or c
※サイズによる
b or c
※サイズによる
特徴雨に強い
ただしウェット性能はb
雨に強い
静粛性追求
業界の先駆け
ミニバン専用6代目
燃費性能
発売日2014年 4月2015年 2月2014年 2月2015年 2月

※画面の幅がせまい場合は表を横にスクロールできます

 

まとめ

一口にミニバン専用タイヤといっても各メーカーでそのコンセプトや強みは異なります。

何を重視して購入するかを決めると選びやすくなりますね。

今回の比較では

  • ウェット制動の性能ではヨコハマタイヤRV-02
  • 転がり抵抗における低燃費性能ではダンロップRV504
  • 社内空間の静粛性ではブリヂストンのGRVⅡかヨコハマタイヤのRV-02
  • 長年培われたノウハウを評価するのであればトーヨータイヤ mpZ

 

といったところでしょうか。

乗り心地や静粛性など、カタログだけではわからないより詳しい商品の特徴は店頭スタッフにお尋ねください。

詳しくお答えいたします。