フェラーリ F430 スパイダーの空気圧センサー(TPMS)を交換しました!

フェラーリ おすすめ 相広タイヤ

フェラーリF430スパイダーの空気圧センサー(TPMS)を交換しました。

フェラーリ F430 埼玉県川越市

フェラーリF430スパイダーは、2004年にF360モデナの後継車として登場した車で、長年フェラーリのスタンダードモデルとして君臨し続けました。

フェラーリといえば真紅のレッドがイメージかもしれませんが、今回の車はオープンモデル。

ホワイトカラーは高級感を醸し出しており、かなりエレガントな見た目となっています。

 

リフトアップしてみると、ボディ下部には大型のディフューザーが取り付けられており、空力性能がかなり煮詰めて開発されているのがわかります。

フェラーリ F430 ディフューザー

伝統の跳ね馬エンブレムもかなりカッコイイですね!

フェラーリ F430 エンブレム

ブレーキ周りもかなりスポーティ。レーシングカー並みの制動力を発揮します。

ブレーキ タイヤ フェラーリ

フェラーリは標準で空気圧センサーが装着されています。

今回、センサーの一つが電池切れを起こしてエラーが発生していましたので、新品の汎用センサーに交換することになりました。

 

空気圧センサーは、タイヤの空気圧を監視する装置のこと。TPMS(Tire Pressure Monitoring System)とも呼ばれます。

空気圧センサーがあると、走行中にタイヤの空気圧に異常が起こった際、ドライバーに警告を発してくれるため、スローパンクチャーなどのトラブルを未然に防ぐことができます。

しかし空気圧センサーは電池で駆動しており、その寿命は約5〜7年と言われています。

当然ながら電池が切れると、空気圧センサーは作動しませんので、運転席に警告灯が表示されるのです。

そのままでも走ることができますが、いつまでも警告灯が付いたまま走るのもどうかと思います。

電池が切れたら早めに交換しましょう!

空気圧センサー フェラーリ タイヤガーデン川越

電池が切れている空気圧センサーのタイヤを外して、新品のセンサーと交換します。

このようにホイールの裏側にあるため、タイヤを外さなければセンターまでたどり着けないんですよね。

ホイール 空気圧センサー フェラーリ

また、センサーを交換さえしてしまえば完了というわけではありません。

センサーを交換しても、車体側は古いセンサーのIDを認識しているため、新品センサーのIDと一致せず、エラーが発生してしまうのです。

そこで専用の機械を使って前回のIDを複製し、新たに書き込む作業を行うのです。

IDをしっかり読み込むことができればエラー解消されるため、これで作業が完了です。

タイヤ ホイール 空気圧センサー

このように、空気圧センサーを交換しても、見た目上の違いはありません。

フェラーリ F430 スパイダー

走るだけで注目を浴びる真っ白なフェラーリ。

天気が良い日はぜひ屋根をオープンにし、思う存分カーライフをお楽しみください!

ご利用ありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。

 

当店では、空気圧センサーの複製、交換、電池切れのご対応も可能です。

タイヤの空気圧センサー(TPMS)に関しては、下記の記事で詳しく解説しています。

空気圧センサー複製&新規発行サービス[TPMS]

 

また、標準で空気圧センサーが付いていない車でも、新規で取り付けることが可能です。詳しくは下記の記事でもご紹介しています。

[TPMS]タイヤ空気圧センサーとモニターを装着しました[エアセーフ]

まずはお気軽にご相談ください!