レクサス LS460におすすめ!トーヨータイヤのトランパス LuⅡを装着しました[235/50R18]

レクサスLS タイヤ交換 トランパス

レクサス LS460にトーヨータイヤのトランパス LuⅡを装着しました。

タイヤサイズは235/50R18です。

トーヨータイヤ タイヤ交換 トランパス

トランパス LuⅡはもともとミニバン用に開発されたタイヤで、アルファードやエルグランドなど高級ミニバンに装着されることが多いです。

レクサスLSは車重が2トン以上と、セダンの中ではかなり重い分類ですので、通常のタイヤでは偏摩耗が起きやすくなります。

ですので、外減りしにくいミニバン用のタイヤを着用することで、症状を抑えることができるのではないでしょうか。

また、トランパス LuⅡは、タイヤパターンや構造設計によりノイズを大幅に削減。静粛性が高いため、高級セダンとも相性が良いと考えます。

さらにタイヤの剛性自体もしっかりしているため、突起を乗り越えた際の衝撃も小さくなるように設計されています。振動が少ない乗り心地が良いタイヤとも言えるでしょう。

なかなかお取り付けする機会がない組み合わせですので、お客様の装着後のご感想もぜひお聞かせいただければと思います。

 

レクサスLSは純正の空気圧センサーも装着されています。

空気圧センサー ホイール レクサス

空気圧センサーは、タイヤ内の空気圧を常にモニタリングしており、走行中に異常が運転手に警告してくれるシステムのこと。「TPMS(Tire Pressure Monitoring System)」とも呼ばれます。

空気圧センサーがあると、空気圧の低下を未然に察知できるため、走行中のスローパンクチャーを未然に防ぐことができます。

ほかにも、空気圧が低下すると燃費の低下や操縦性の悪化を招きます。

空気圧センサーを装着していれば、これらの不具合も未然に防ぐこともできますので、安心して走行できるでしょう。

空気圧センサー TPMS レクサスLS

しかし空気圧センサーは電池で作動しているため、定期的な交換が必要。

今回作業させていただいたレクサスLSの空気圧センサーは電池切れを起こしていましたので、この機会に交換しておきます。

ちなみに空気圧センサーは、ものを交換さえすれば作業完了というわけではありません。

レクサス 空気圧センサー 相広タイヤ

そのままだと車体側と新規センサーのIDが一致しませんので、エラーが発生してしまいます。そのため専用の機械で新しいIDを学習させる必要があります。

当店では、空気圧センサーの複製や新規取り付けも専門で行っています。

こちらの記事でも詳しくご紹介していますので、ご覧いただければと思います。

空気圧センサー複製&新規発行サービス[TPMS]

すべての作業が完了しました。

レクサス タイヤ 埼玉県川越市

静粛性と乗り心地が優れているミニバンタイヤであるトランパス LuⅡは、車重がある高級セダンに着用することで、その長所を大いに役立てることができるのではないでしょうか。

空気圧センサーも機能するようになりましたので、足元の安心感も向上しました!思う存分ドライブを楽しんでいただければと思います。

ご来店ありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。