ルノー メガーヌ RS トロフィーRにおすすめ! アドバンレーシング TC-4とブリヂストン POTENZA RE-71RSを装着しました[235/40R18]

メガーヌRSトロフィーR ポテンザ 相広タイヤ

当店常連のN様のお車です。いつもありがとうございます!

ルノー メガーヌ RS トロフィーRは、世界限定生産500台の大変希少なお車です。

 

日本ではたったの47台しか販売されていないルノー メガーヌ RS トロフィーRに、アドバンレーシング TC-4とブリヂストン ポテンザ RE-71RSを装着しました。

サイズは235/40R18です。

メガーヌRSトロフィーR ポテンザ タイヤガーデン川越
ポテンザは、ブリヂストンのスポーツタイヤブランドで、高いグリップ性能が特徴です。

メガーヌ RS トロフィーRの標準タイヤにもハイグリップなポテンザ S007が装着され、ドイツのニュルブルクリンク・サーキットで当時の量産FFで最速となる7分40秒10を記録しました。

今回は、2020年1月に登場したブリヂストン ポテンザの最新のスポーツラジアルタイヤであるRE-71RSに交換します。

相広タイヤ ホイール交換 埼玉県川越市

空気圧センサーは、オレンジジャパン製TPチェッカーのスポーツモデルを前のお車からの移植で装着。

空気圧だけでなく温度もモニタリングできるのがスポーツタイプの特徴であり、サーキット走行でも重宝するアイテムです。

ホイール交換 相広タイヤ ブリヂストン

ホイールはアドバンレーシングのTC-4に交換します。TC-4は鋳造ホイールながら、フローフォーミング工法によって従来よりも強度が大きく引き上げられたスポーツホイールです。

スポークとリムがつながる部分のうねりのようなデザインが特徴。リムサイドが削られ軽量化も果たしています。サイズは、18×8.5J。オフセット値は51です。

ブリヂストン 相広タイヤ ポテンザ

ブリヂストン タイヤガーデン川越 ポテンザ

装着するポテンザ RE-71RSは、新たに左右非対称パターンを採用した最新のハイグリップラジアルタイヤです。

イン側の太い縦溝で排水性を確保し、アウト側はセミスリックタイヤのようなパターンになっており高いグリップ力を発揮。

素材も見直され、耐摩耗性も向上しています。

メガーヌRSトロフィーR 相広タイヤ ブリヂストン

交換前の状態です。

純正ホイールは、細身の8本スポークでレースカップカーのような雰囲気。これがアドバンレーシング TC-4に交換するとどう変化するのでしょう。

タイヤの組み付けが完了した新しいホイールに交換していきます。

ブレンボ 埼玉県川越市 相広タイヤ

メガーヌ RS トロフィーRのフロントブレーキには、標準でブレンボ製の4ポッドキャリパー+スリットローターを装着しています。ベルハウジングは放熱を促すための特殊形状です。

中央のグリーンのリングは、ホイールのブレを抑えるハブカラー(ハブリング)。純正ホイールとハブ径の異なる社外ホイールを装着するなら、ぜひ取り付けておきたいパーツです。

メガーヌRSトロフィーR ホイール交換 タイヤガーデン川越

メガーヌRSトロフィーR ホイール交換 相広タイヤ

装着した状態です。

ブレンボキャリパーの赤と、TC-4のアンバーブロンズメタリックカラーがよくマッチしています。ちらりと覗くハブカラーの淡いグリーンもおしゃれなアクセントになっています。

メガーヌRSトロフィーR アドバンレーシング 相広タイヤ

交換後の全景です。

ホイールを交換すると、レーシングカーのようだった印象が、少し落ち着いたチューニングカーのような雰囲気になりました。

タイヤが純正のポテンザ S007から、RE-71RSに変わったことで、コーナリングの応答性と粘りが向上します。とくに乾燥路面でのグリップ性能は飛躍的に増しているでしょう。

メガーヌRSトロフィーR ポテンザ 相広タイヤ

ご利用ありがとうございました。

またのご利用をお待ちしております。