[お店の太鼓判]高性能&お買い得なアジアンタイヤ取り扱い中!!

格安タイヤ

当店では大変お買い得なアジアンタイヤのお取り扱いもございます!!

韓国や台湾、インドネシアなどのタイヤにどのようなイメージがありますか?

  • 噂では聞いたことはあるけどよく知らない・・・
  • 安全面とか性能は実際どうなの?
  • 国内メーカーじゃなくても大丈夫?
  • 聞いたこともないメーカーのタイヤでも問題ないの?

 

などといった疑問や不安に当店が正面からお答えします!

 

 

アジアンタイヤの安全性や性能

一口にアジアンタイヤと言ってもその性能はまさにピンキリです。

メーカーやブランドによってもその性能の差は大きく、価格だけでは比較するのが難しいのが実情です。

 

当店ではプロの目線から、基本的な安全性能が備わりかつコストパフォーマンスが高いタイヤを厳選して取り扱いをしています。

ご安心の上ご購入いただけますので是非ご相談下さい。

 

もちろんタイヤ購入時のアフターサービスも付帯いたします!!

 

 

オススメお買い得タイヤメーカー

ジーティーラジアル GT RADIAL

GT RADIAL GT RADIALは1951年にインドネシアで創業されたタイヤメーカー。

フランスの大手タイヤメーカーであるミシュラン社の資本参加を仰ぎ、同社製タイヤのライセンス生産を通じて得たノウハウ蓄積を現在のタイヤ開発に活かしている。

世界8カ国に生産拠点を持ち、世界でのタイヤ生産量はトップ10入りをはたしている(2014年)。

トヨタ、ホンダ、スズキ、ダイハツ、フォルクスワーゲン、ルノー、プジョーなどの新車装着タイヤとしても採用実績がありその性能は折り紙つき。

 

 

クムホ KUMHO

KUMHOクムホは1960年設立の韓国のタイヤメーカー。世界180カ国以上で販売されている。

生産能力と製品の品質が評価され、メルセデス・ベンツ、BMW、フォルクスワーゲン、フォード、三菱、日産など数々の自動車メーカーで新車装着タイヤとして採用されている実績がある。

2014年には技術力に定評のある国内人気タイヤメーカーのヨコハマタイヤと技術提携をし、年々タイヤの開発力が高まっている。

 

 

マキシス MAXXIS

MAXXIS

メーカーは世界シェア9位、1967年に設立の台湾の正新ゴム(チェンシンゴム)。

日本車メーカーでは日産、トヨタ、三菱、マツダの新車装着タイヤとして採用された実績がある。外車ではフォルクワーゲン、フォード、GM、など全世界12の自動車メーカーの新車タイヤとして装着されている。

自動車タイヤだけではなく自転車やバイクなどの二輪車向けタイヤでも人気がある。

コンフォート向けタイヤや低燃費タイヤの他、Creepy Crawler(クリーピークローラー)やBighorn(ビッグホーン)といった四駆向けのオフロード仕様タイヤも高い評価がなされている。

 

 

ネクセン NEXEN

NEXEN

ネクセンは1942年設立の韓国のタイヤメーカー。

韓国国内では20%以上のシェアを誇る大手メーカーである。

スズキや三菱、フォルクスワーゲン、フィアット、クライスラー、シボレーなど様々な自動車メーカーの新車装着タイヤとして採用されている。

 

 

 

上記は当店おすすめのアジアンタイヤメーカーの一部です。

この他にも多数のメーカーを取り扱っております。

取り扱いタイヤメーカー一覧はこちら

 

 

詳しくはお気軽にスタッフまでご相談下さい。