クボタトラクター(耕運機)L2601のパンク修理をしました[11.4/10-24]

トラクター タイヤ交換 パンク修理 埼玉県

クボタトラクター(耕運機)のパンク修理をしました。

 

釘穴のパンクではなく、履いていたタイヤに大きなクラックが発生していました。

よく見るとかなりの劣化が観てとられ、そこからチューブが露出したことでパンクした模様です。

 

ハイラグタイヤ クラック ひび割れ

 

まずは車体をジャッキアップしてタイヤを取外しました。

 

トラクター タイヤ交換作業

トラクター 脱着 タイヤ

 

こちらはチューブ入りのタイヤですので、ホイルからタイヤを外してチューブを引き出します。

 

トラクター タイヤ交換 埼玉県

 

先にチューブの修理から始めます。

 

チューブにもひび割れがありました。

こちらも経年劣化によるもののようです。

 

トラクター チューブ 修理 パンク

 

パンク箇所をマーキングします。

 

チューブ パンク修理

 

マーキングしたところを削りパンクパッチが接着しやすいようにします。

 

チューブ 研磨 修理

チューブ パンク修理 パッチ

 

ゴムの加硫剤を塗り、パッチを張ってから圧着していきます。

 

チューブ パッチ修理

チューブ パンク修理

 

これでチューブのエア漏れは止まりました。

 

 

続いてタイヤです。

内側から見るととても大きな裂傷が見られます。

 

トラクター パンク修理

 

今回は当てもの代わりにフラップを綺麗に傷に合うよう切断します。

※あくまで応急処置としての対応です。通常はこのくらい大きな傷とタイヤの劣化具体ですと新品への交換が必要です。

 

フラップ カット 中当て

 

チューブに傷がついて再度パンクしないようにフラップを用います。

 

タイヤ内部 損傷 修理

 

タイヤ 応急処置 内部

 

タイヤにチューブを入れレバーで組み込み空気を入れます。

これでパンク修理の完了です。

 

トラクター タイヤ交換 作業 工賃

 

リアタイヤサイズは12.4/10-24でした。

クボタ L2601ですと本来純正サイズは11.2/10-24のようです。

 

トラクター フロントタイヤ

 

ちなみにフロントタイヤは5.50-15です。

 

 

あとは車体に取付けて完成。

タイヤのことなら、どんな事でもおまかせ下さい。

 

クボタ トラクター L2601

 

サービスでタイヤ点検等いたしますので、いつでもお気軽にお越し下さい。

ご利用ありがとうございました!