ルノーのルーテシアゼンにおすすめ!アドバンレーシングRZⅡとパイロットスポーツ4を装着しました[205/45R17]

ルノー ルーテシア ゼン アドバンレーシングRZ2

ルノーのルーテシアゼンにアドバンレーシングのアルミホイール、RZⅡとミシュランのパイロットスポーツ4を装着しました。

また今回は空気圧、温度センサーも取り付けています。

 

タイヤはミシュランのパイロットスポーツ4をチョイス。

ハイスペックなスポーツタイヤです。

 

オーナー様はサーキットでの走行もされるとのことですが、このタイヤでしたらよりレスポンスのよいハンドリングと強力なグリップを体感できると思います。

それでいて通常の街乗りなどでは静粛性や快適性も確保しているうれしいタイヤです。

さすがはミシュラン、といったところでしょう。

 

サイズは205/45ZR17です。

 

ミシュラン パイロットスポーツ 4 205/45R17

 

ホイールはアドバンレーシング RZⅡの17インチです。

カラーはレージンググロスブラックです。

 

アドバンレーシングRZⅡ アルミホイール

 

実はこのホイール、メーカーのマッチングデータ対象外でした。

そのためサンプル品を取り寄せ現車での仮当てを行い装着可否を確認しました。

無事装着ができることが確認でき、安心いたしました。

 

輸入車ですとマッチングデータをとっていない車も多々ありますが、現車確認ができれば間違いありませんね。

 

 

ホイールにはバルブタイプの空気圧センサーを装着します。

4本のホイールにそれぞれ専用のバルブを装着することで運転席から空気圧とタイヤの温度を常にチェックすることが可能です。

 

タイヤ空気圧温度モニタリングシステム

 

バルブはこのような形状になっています。

 

ホイール装着空気圧センサーバルブ

 

ホイールに装着したところです。

空気圧センサー 装着 方法

 

外側に出るのは先の方だけですのでほとんど目立ちません。

 

空気圧センサー装着

 

ボルトはアドバンレーシング専用のレーシングボルトを使用します。

専用は安心感がありますね。

 

アドバンレーシングナット

 

ボルトの側面にはアドバンレーシングのロゴが入っています。

 

アドバンレーシングボルトショート

 

さりげないオシャレを演出してくれます。

 

レーシングボルト装着イメージ

 

センターキャップはミドルを選択。

もちろんアドバンレーシングのロゴ入りです。

このセンターキャップはハブリングとの接触があり装着するのに少々加工が必要でした。

 

アドバンレーシングRZⅡセンターキャップ ミドル

 

パイロットスポーツ4からサイドウォールのミシュランロゴはベルベット調の加工がほどこされています。

実物は写真で見る以上に高級感を感じる作りになっています。

ミシュランのフラッグシップタイヤならではのこだわりです。

 

ミシュラン パイロットスポーツ4 タイヤ交換

パイロットスポーツ4 サイドウォールデザイン

 

無事装着が完了しました!

スポークが細くよりレーシーな印象に仕上がりますね。

リム部分にぐるりと入っているポリッシュがホイールをひきたててくれます。

 

ルノールーテシアゼン アルミホイール交換

 

スポークの横にも彫り込みがあり、より軽量化に貢献するデザインとなっています。

実際いままで履いていた16インチよりもこちらの17インチのほうが数kg軽量化されました。

通常インチアップをすると重量は増えてしまいますが、逆に軽量化できるとはさすがはアドバンレーシングですね。

 

ルーテシア アドバンレーシング RZⅡ
装着前と装着後の比較写真です。

 

ルーテシア ホイール装着前

ルーテシア ホイール装着後 比較

 

非常に軽やかな印象になりとても良いですね。

車体のフェンダー周りのブラックとホイールのブラックがよくマッチしてると思います。

 

空気圧センサーも問題なく動作しています。

これでリアルタイムにタイヤの状況を確認できるようになりました。

 

空気圧センサー モニター

 

空気圧が設定値を下回ると警告音と表示でお知らせしてくれるのもとても便利な点です。

 

ルノー ルーテシア ゼン アドバンレーシングRZ2

 

バッチリきまりましたね!

ご利用ありがとうございました。

 

またいつでもお気軽にお越しくださいませ。