日産サニートラックにSSRのスピードスターMK-Ⅲを装着しました[13インチ]

タイヤ交換 サニトラ SSR ファルケン

レトロなお車がご来店されました。

日産のサニートラックです。

 

今でも非常に人気が高いこの車、まだまだ現役で走っています。

今回のお車もオーナー様の愛情が詰まっているのが見てわかりました。

時を感じさせないくらいとても綺麗で状態の良いお車です。

 

 

荷台のパネルには「DATSUN」の文字がありました。

後から特注で作ったそうでピカピカです。

雰囲気があってすごく良いですね!

 

ダットサンリアパネル

 

そして今回装着の新たなホイールはこちら。

 

スピードスター マークスリー ブラック

 

SSR スピードスターMK-Ⅲ ブラック です。

13インチを装着します。

 

SSRのスピードスターといえばかつて一世を風靡した大人気ホイールです。

とくにMK-Ⅰは「鉄仮面」の愛称で70年代には装着している車をよく見かけました。

今でもその普遍的なデザインは色あせない魅力を放っています。

 

SSR スピードスター MK-Ⅲ

 

MK-ⅢはそのMK-Ⅰの兄弟デザインのホイールです。

 

今回装着の詳しいサイズは内緒です。

お取り付けご希望の方は直接当店スタッフまでご連絡ください。

 

 

見てください、この超深リム。惚れ惚れしますね。

 

3ピース 深リムホイール

 

横から覗くとその深さがよくわかります。

 

タイヤサイズは

フロント 175/60R13

リア 185/60R13

 

パターンはFALKEN(ファルケン)のZIEX(ジークス) ZE912です。

フロント・リア共に同じパターンで今回のサイズ設定があるタイヤです。

 

FALKEN ZIEX 175/60R13

FALKEN ZIEX 185/60R13

 

リアは8.0Jのリム幅ですのでご覧の通り185のタイヤを組むとガバガバです。

このままですとエアーがどうやっても入りません。

 

リム幅 タイヤ幅 差 ひっぱり

 

そこで、専用の工具を使ってエアーを入れます。

「ビードブースター」や「チーター」なんて呼ばれる工具ですね。

 

引っ張りタイヤ エアー チーター

 

タンクに溜めたエアーをバズーカーのように一気に放出します。

ボンッ!!という音とともにエアーが噴出します。

 

エアー 充てん ひっぱり ビードブースター

 

これで無事エアーが入りました。

簡単そうにみえてコツがいる作業です。

作業をする人の腕の見せどころですね。

 

当店にはこのように引っ張りタイヤにエアーを入れる作業が非常に得意な職人がおります。

安心してお任せください。

 

引っ張りタイヤ 8J 185

 

空気を入れるとこんな感じでパンパンになります。

タイヤのショルダーからサイドウォールにかけて丸みをおびていますね。

これがいわゆる「ひっぱりタイヤ」の状態です。

 

引っ張り タイヤ 装着

 

タイヤ幅よりホイールのリム幅がかなり大きいので見た目も特徴的になります。

リムが突出しているような感じです。

 

タイヤ幅 ひっぱり

 

準備ができたので車両に取り付けていきます。

取り付けの時は専用のセンターキャップと貫通ナットを利用します。

 

SSR-MKⅢセンターキャップ-

 

この貫通ナットはいかにもSSRのスピードスター用という感じがして良いですね。

 

専用ナット スピードスター

 

バッチリ装着できました。

Before と After の写真を載せます。

 

 

まずはリアタイヤ

 

リア ホイール交換 前

リアホイール交換 サニトラ

 

続いてフロントタイヤ
フロント ホイール交換 前

フロント ホイール交換 SSRサニトラ

 

横から見たところ

 

ダットサン サニトラ タイヤ交換

 

斜め前から

装着前

 

サニートラック タイヤ交換

 

装着後

 

サニートラック SSR MKⅢ 装着

 

反対側からも

 

タイヤ交換 サニトラ SSR ファルケン

 

興奮してバシバシ写真を撮ってしまいました。

お車の雰囲気にあっていて、とってもよく似合っていると思います。

 

 

当店ではどんなお車も大歓迎です。

タイヤのこともホイールのこともお気軽にご相談下さいませ。

 

この度はご利用誠にありがとうございました。

またのご来店を心よりお待ちしております!!