[おすすめはこれ!]軽自動車のタイヤ比較[タイプ・車種別]

軽自動車おすすめタイヤ比較

日本国内ではじわじわと軽自動車の割合が増えてきています。

維持費も比較的安く、利便性が良い軽自動車は幅広い方々に人気がありますね。

 

車種もタント、N-BOX、N-ONE、ウェイク、ハスラー、キャスト、S660、アルト、デイズ、ek、ワゴンR、ムーヴなどバリエーション豊かなので用途や好みに合わせて選べるのも魅力的ですね。

 

今回はそんな軽自動車のタイヤをおすすめのものからいくつかご紹介いたします。

 

個性的な車種が多い軽自動車ですから、タイヤもそれに合わせて最も適したものを選ぶことをおすすめします。

特に軽自動車のタイヤは用途に応じて様々なタイプが販売されています。

 

いろいろと比較しながらベストなタイヤを見つけましょう!

 

タイヤを選ぶ前に軽自動車の特徴を捉える

軽自動車は小さくて小回りがきく車であることは想像にたやすいと思います。

では、それらがタイヤにどのような影響を与えるでしょうか。

 

  • 小回りがきく分タイヤは旋回時に大きく負荷がかかる。偏摩耗にもなりがち
  • タイヤの外径(≒円周)がセダンなどに比べて小さいので同じ距離を走っても減りが比較的早い
  • 駐車場などでの据え切りでタイヤに負担がかかりやすい
  • 車幅が狭いので(全高が高い軽自動車は特に)ふらつきやすい
  • タイヤの幅が狭く接地面が少ないため制動時に気をつかう

 

上記のような特徴を踏まえたうえでタイヤ選びをしましょう。

 

 

今回比較するのはこちらのタイヤ

どれも自信を持っておすすめできるタイヤです。

  • ヨコハマタイヤ BluEarth AE-01(ブルーアース エーイーゼロワン)
  • ブリヂストン REGNO GR-Leggera(レグノ ジーアールレジェーラ)
  • トーヨータイヤ TRANPATH LuK(トランパス エルユーケー)
  • ダンロップ LE MANS4(ル・マン フォー)

 

 

燃費性能が高くソフトな乗り心地を提供してくれる低燃費タイヤ

BluEarth AE-01

まずはじめにご紹介するのはヨコハマタイヤの低燃費タイヤ、BluEarth AE-01(ブルーアースエーイーゼロワン)です。

燃費性能は低燃費ラベリング制度で上から二番目の「AA」を獲得しており、地球と財布に優しいエコなタイヤだと言えます。

同じサイズの他のタイヤと比べてもタイヤの横の部分(サイドウォール)が柔らかいので、とてもソフトな乗り心地のタイヤであることも特徴的です。

 

2010年に発売されてから今でもなお人気のあるロングセラーモデルということで安心感もありますね。

サイズラインナップも豊富ですので幅広い車種に取り付けられることができるのも良い点です。

 

 

静かさ、上質な乗り心地を提供してくれる軽自動車専用高級タイヤ

REGNO GR-Leggera

「軽自動車向けに高級品質のタイヤを提供する」という新たなセグメントを開拓したブリヂストンのタイヤがREGNO GR-Leggera(レグノ ジーアールレジェーラ)です。

同社のプレミアムブランド「REGNO(レグノ)」シリーズから軽自動車専用のタイヤとして発売されています。

 

そのブランド名の通り静粛性、快適性は他のタイヤから群を抜いています。

同じ車でこのタイヤを装着し乗り比べてみるとその変化にきっと驚くはずです。

 

静かさだけではなく、軽自動車にはありがちなレーンチェンジ時のふらつきを抑制する設計にもなっておりロングドライブでも快適に走行できるという点も魅力のひとつです。

また、今回比較するタイヤの中では唯一ウェット性能が「b」を獲得しているため、雨の日の安心感も心強いものがあります。

 

プレミアムタイヤだけあって販売価格はその他のタイヤと比べてもちょっとお高めにはなってしまいますが、耐摩耗性も高く長く使えるタイヤでもあるので長い目で見れば割安に感じられると思います。

 

 

背の高い軽自動車に最適な設計。車種別専用設計軽自動車タイヤ

TRANPATH-LuK

トーヨータイヤから背の高い軽自動車専用で発売されているのがこのTRANPATH LuK(トランパス エルユーケー)です。

N-BOXやタント、ウェイク、ハスラーなど車の全高が高い車には特におすすめできるタイヤです。

軽自動車は車幅が狭いので背が高くなるとその分重心が上になりカーブやレーンチェンジの際にふらつきが大きくなりがちです。

ふらつきが大きいと乗員はストレスを感じますし、タイヤもその分外側が大きく減ってしまいます(偏摩耗)。

 

このトランパスLuKはそのような背の高い軽自動車に特有の現象に対応したタイヤです。

接地面の外側の剛性を高くし、レーンチェンジ時などのふらつきを抑える設計がなされ快適な走行を提供してくれます。

偏摩耗にも対応し長く使えるタイヤであることも利点のひとつです。

 

いちはやくミニバン専用タイヤを開発し、長い間にノウハウを得てきたトーヨータイヤならではの軽自動車専用タイヤだと言えます。

 

 

燃費性能、快適性能、摩耗性能をバランスよく配分したオールマイティタイヤ

LE-MANS4

ダンロップから発売されているLE MANS4(ル・マン フォー)はロングライフの低燃費タイヤに快適性能をプラスしたバランスの良いタイヤです。

 

軽自動車向けのサイズでもほとんどが低燃費ラベリング制度上の燃費性能「AA」を獲得しており、さらに耐摩耗性能も高いのが特徴です。

またダンロップならではの特殊吸音スポンジという素材をタイヤの内側に貼り付けることで静粛性能も優れています。

 

このタイヤは軽自動車用のサイズだけではなくセダンやミニバンなどの車向けにもサイズが用意されていますが、軽自動車用のサイズは専用のパターンが用意されているのも特徴です。

 

 

比較表

商品名BluEarth AE-01REGNO GR-LeggeraTRANPATH LuKLE MANS4
メーカーヨコハマタイヤブリヂストントーヨータイヤダンロップ
転がり抵抗係数AAAAAA or A
※サイズによる
ウェットグリップ性能cbcc
特徴燃費性能AA
ソフトな乗り心地
静粛性・快適性追求
雨に強い
背の高い軽自動車専用設計
ふらつき偏摩耗抑制
性能のバランスが良い
燃費性・快適性能・耐摩耗性など
発売日2010年7月2016年2月2014年 3月2011年 2月

※画面の幅がせまい場合は表を横にスクロールできます

 

まとめ

軽自動車のタイヤもそれぞれに異なる特徴があります。

何を重視して選ぶかがポイントになってくるかと思います。
今回の比較では

  • 燃費性能とソフトな乗り心地で選ぶならブルーアースAE-01
  • 静粛性と快適性を追求したプレミアムタイヤならREGNO GR-Leggera
  • 背の高い軽自動車ならTRANPATH LuK
  • 性能のバランスが良いタイヤを選ぶならLE MANS4

 

こんなところでしょうか。

 

その他実際に装着してみないとわからない乗り心地や静かさ、その他の違いなど詳しい商品の特徴は店頭スタッフにお尋ねください。

丁寧にお答えいたします。

 

埼玉県川越市最大級のタイヤ専門店

株式会社相広タイヤ商会

タイヤガーデン川越

営業時間:平日・土曜日 8:30~18:00

TEL:049-245-2222

〒320-1124 埼玉県川越市新宿町5-16-17