[効果あり]窒素(チッソ)ガスとは何?入れることをおすすめします[タイヤ]

窒素ガス 効果 タイヤ

通常、タイヤには普通の空気を充てんしますが、窒素(チッソ)ガスを充てんすることもできます。

窒素ガスの充てんは簡単かつメリットが多く、大変おすすめです。

今回はその窒素ガスについて詳しくご紹介します。

 

 

窒素ガスとは

窒素ガスは不燃性・不活性のガスで、通常空気中に約78%の割合で含まれています。

酸素に比べてタイヤの素材であるゴム分子を通り抜けにくいことが特徴です。

そのため、タイヤの空気圧が低下しづらくなります。

また、不活性であるため酸化防止にも効果があり、不燃性のため火災などの災害防止にも活用されています。

 

 

 

タイヤに窒素ガスを入れることによるメリット

  • 空気が抜けにくい
  • 燃費が良い状態で保てる
  • ノイズが減る
  • 劣化防止効果
  • 燃えにくい

 

窒素ガスには上記のようなメリットがあります。

それぞれを解説してみましょう。

 

空気が抜けにくい

通常の酸素は窒素と比べ3倍透過しやすく、タイヤの空気圧は自然な状態でも時間が経つにつれ低下していってしまいます。

窒素はタイヤから抜けづらく空気圧が低下しにくい点が安心です。

 

燃費が良い状態で保てる

空気が抜けにくいことにも関連しますが、燃費が良い状態で保てるのも良い点でしょう。

タイヤはエアー圧不足になると抵抗が増えるため燃費が悪化してしまいます。

窒素ガスは適切な空気圧を長時間持続できるため、安全で快適な走行・操縦が可能です。

 

ノイズ(走行音)が減る

窒素は酸素と比べて音の伝達率が低いのも特徴です。

そのためタイヤを通して地面から伝わるロードノイズが減少し、乗り心地がより良くなります。

このあたりは充てんしてすぐに実感できるものだと思います。

 

劣化防止効果

窒素を100%充てんすると、通常の空気と比べ酸素量・水分量が極めて少なくなります。

そのため、タイヤのゴムの劣化やホイールの酸化(腐食)が少なくなり長持ちさせることができます。

 

燃えにくい

窒素は不燃性(不活性ガス)のため、万が一バーストや事故を起こした場合などでも燃える心配がありません。

空気の充てんと比べて安全性が高くなります。

 

 

こんなところでも使われています

レーシングカー、モノレール、飛行機など厳しい条件が求められる車両でも幅広く使われています。

一般の自動車に普及するより以前から使用されているので、それだけ実績がある信頼できるものであることがわかるかと思います。

タイヤ 窒素 メリット
窒素 タイヤ 効果

窒素 タイヤ 必要

 

 

実際に試してみました

わたしもマイカーのタイヤに充てんして試してみました。

思った以上に効果があったのが驚きです。

 

まずすぐに実感できたのはその静粛性です。

同じタイヤで比較しても通常の空気を入れていた時と窒素ガスを充てんした時で走行時の車内の音が変わったように感じました。

比較的静かになっているのです。

これだけでも十分メリットがあるように思います。

 

空気の抜けにくさも通常の空気と窒素ガスでは大きく差が出ました。

普段は2ヶ月に一回空気圧チェックをしてもだいたい20kPa(0.2kg/cm2)くらい低下していましたが、窒素ガスにしてからは3ヶ月後にチェックしてもほとんど空気圧は低下していませんでした。

 

燃費については走り方によって誤差が生じてしまうので言い切ることは出来ませんが、私の車では長期間の集計で約5~6%向上しました。

 

百聞は一見にしかず。眉唾だと思っている方も是非お試し下さい。

その効果を実感できると思います。おすすめです。