[安く買いたい]スタッドレスをインチダウンして購入するメリット[注意点]


スタッドレスタイヤへの交換が本格化する時期になりました。

今回はスタッドレスの購入時にはよくありがちな「インチダウン」についてです。

 

スタッドレスタイヤのインチダウンというとやはり一番のメリットは価格面で安くなるところでしょう。

 

ではその他にメリット・デメリットはあるのでしょうか。

またインチダウン時の注意点は何でしょうか。

 

そのあたり詳しく説明したいと思います。

 

そもそもインチダウンとは何か

インチダウンはタイヤの外径(外側の大きさ)を変えず、ホイールサイズを小さくすることを指します。

画像を見たほうがわかりやすいですね。

インチダウン比較

ホイールサイズが小さくなるのでタイヤを横から見た時の厚み(扁平率)は大きくなります。

 

 

インチダウンのメリットは??

タイヤの価格が安くなる

基本としてタイヤのサイズ(インチ)が小さくなるとタイヤの価格は安くなります。

スタッドレスタイヤをインチダウンする人のほとんどがこのメリットを享受するためだと言っても過言ではありません。

 

乗り心地がマイルドになる

タイヤの厚みが増す(扁平率が上がる)ため、タイヤのクッション性が大きくなり乗り心地がふわふわとマイルドになります。

段差を乗り上げた時などに特にその差を感じると思います。

また、路肩の硬い雪や氷に乗り上げた時にはホイール・タイヤへのダメージも少なくなります。

 

接地圧が上がる

タイヤをインチダウンするとタイヤの幅が小さくなり、車の重さが一点に集中するため雪面への接地圧があがります。

これにより滑りにくくなるというメリットがあります。

 

ハンドリングが軽くなる

インチダウンすると接地面積が減るためハンドルを切るときに軽く感じます。

ホイールとタイヤの重量がインチダウンによって軽くなる場合は特にその恩恵を感じやすくなります。

いわゆるバネ下重量の軽減ということですね。

 

轍(わだち)にハンドルが取られにくくなる

道路上に固く踏みしめられた轍がある場合、太いタイヤだと轍からはみ出してうまく走れないことがあります。

その点、インチダウンして幅が小さいタイヤのほうが有利に走れるといえます。

また、扁平率の高いインチダウンしたタイヤだと硬い轍のうえのデコボコしている路面でも走りやすくなります。

 

インチダウンのデメリット

見た目がかっこ悪くなる

タイヤの扁平率があがり、ホイールサイズが小さくなると外から見てイマイチかっこよくなくなります。

 

乗り心地が柔らかくなる

メリットでもあげていますが、これは人によってはデメリットにもなりえます。

スタッドレスタイヤ自体が夏タイヤと比べて柔らかい素材で出来ていることもあり、コーナー時などにグニャリとした印象の乗り心地になりがちです。

「よれる」という表現でも良いかもしれません。

 

接地面積が減る

タイヤの接地面積が減ると接地圧があがるのはメリットでも記載した通りですが、面積が減ることによるデメリットもあります。

アイスバーンなどではグリップできる面積を大きくしたほうがよく効くといえます。

氷の上を走ることが多いのであれば過度なインチダウンはしないほうが良いとも得ます。

 

メリットとデメリット、双方をよく確認した上でインチダウンをすることをおすすめします。

 

 

インチダウン時の注意点

インチダウンはサイズが小さくなれば何でも良いというわけではありません。

下記のような注意点をクリアして正しくインチダウンしましょう。

 

タイヤの外径は変わらないこと

これが前提となります。

タイヤの外径が大きく変わると、車体にタイヤが干渉してしまったり、スピードメーターに狂いが生じます。

 

これらの影響が大きい場合車検が通らないこともありますので注意してください。

 

ホイールサイズ取付可能か

車により落とすことができるホイールサイズは異なります。

ホイールが小さくなるとホイールの内側にあるブレーキに関わる部品(キャリパーなど)に干渉してしまうことがあります。

干渉してしまうとそもそも走行ができませんので注意が必要です。

 

ロードインデックスが下がらないか

タイヤにはロードインデックスという、耐えられる荷重の制限があります。

車によって必要なロードインデックスが定められており、これを下回るものは車検の時に通らないことがあります。

基本的には純正タイヤのロードインデックスより大きい物を装着すれば問題ありません。

ここも要注意です。

 

 

インチダウン時には型式・年式・グレード・純正装着サイズを確認しよう

上記のようにスタッドレスタイヤのインチダウンには様々な注意点があります。

基本的にタイヤを扱っているお店のスタッフに相談するのが良いでしょう。

 

お店に行く前に、装着する車の型式・年式・グレード・純正タイヤサイズを確認していくとスムーズです。

特に同じ車種でも型式やグレードによって落とせるサイズが異なることが多いので注意が必要です。

車の型式と年式は車検証に記載されています。

 

正しくインチダウンして快適にスタッドレスタイヤを利用しましょう。